スペースファンドとは?プロジェクトを探すプロジェクトを始めるログイン
スペースファンドとは?プロジェクトを探すプロジェクトを始める

Spaceballoon @Mojave: Flight no.2

read more
0
人のサポーター
0円
目標金額合計 50,000円
0
秒 で締切
Spaceballoon @Mojave: Flight no.2

[English follows Japanese]

スペースバルーンを打ち上げます。

場所はアメリカのモハベ砂漠



前回の打ち上げ

前回の2016年9月にもモハベ砂漠でスペースバルーンを打ち上げました。

その時の様子をご紹介します。


◆前日からホテルで徹夜の準備作業


◆日の出とともに出発


◆打ち上げポイントに到着


◆電子機器を設定


◆ヘリウムガスをボンベから注入


◆スペースバルーンの口を結束バンドで結ぶ


◆ヘリウムの量を測定


◆ペイロードを取り付けて最終調整


◆リリースの瞬間


◆大空へ消えていくスペースバルーン


◆GPSビーコンを確認しながら、車で追跡


◆低木林の山に突入


◆回収



◆今回の打ち上げ

前回2016年9月の打ち上げではバルーンは
上空17kmまで上昇しました。

今回2017年3月のスペースバルーン打ち上げでは、
高度6km付近で通信実験を行う予定です。


なぜ高度6kmで通信実験をするのかというと
2018年と2019年にモハベの上空6kmに打ち上げる宇宙機を開発中で
スペースバルーンに宇宙機の通信機器をペイロードとして載せてテストしておきたいからです。

今回はバルーンを釣り糸で係留します。

Arduinoと呼ばれる小型コンピュータで電圧を制御して
ニクロム線を加熱します。

ニクロム線がバルーンとペイロードの間の紐を焼き切る仕組みです。


◆スケジュール

  • パラシュートの作成/落下試験
  • 分離機構の制作
  • プログラミング
  • 手順書の作成/確認

などの作業を現在おこなっております。

アメリカ出張は3/1-8。

3/1: 日本出発

3/2: エルパソ到着。テキサス大学エルパソ校とのミーティング

3/3: スペースバルーンの準備・リハーサル@モハベ

3/4: スペースバルーンの本番打ち上げ@モハベ: 現地早朝6時。日本時間3/4 23:00予定。

3/5: 宇宙機の地上設備実験

3/6: 南カリフォルニア大学とのミーティング

3/7: ロサンゼルス出発

3/8: 日本到着


◆チーム

九州工業大学の宇宙システム研究室と民間の合同チームです。

2016年8月に九州工業大学発のベンチャー企業として
スペースマジック株式会社を設立しました。


◆お金の使い途

サポートいただいたお金は旅費交通費や部材費に使わせていただきます。

本クラウドファンディングで資金が集まらなくても、プロジェクトの実行はやりきりますが、

ご支援いただけると、本当に嬉しいです。



◆リターン

1. サンクスメール
ありがとうのメールを差し上げます。


2. 写真/動画データ

撮影した写真や動画のデータを差し上げます。


3. ウェブ中継参加権
Facebook Liveなどでのウェブ中継を見ることができます。

4. 打ち上げ参加権
スペースバルーンの打ち上げに現地で参加できます。
※現地集合

5. メインスポンサー権
プロジェクトのメインスポンサーとなっていただく男気商品です。
プレスリリースなどにご協力させていただきます。



◆リスク

実験に失敗した場合は、写真や動画などを撮影・回収できず、
リターンとして提供できない可能性があります。

連絡先

入野(irino@spacemagic.org 090-6497-4240)

九州工業大学発ベンチャー企業 スペースマジック株式会社 代表取締役

本サイト(スペースファンド)の開発者でもあります





予算

[English starts from here]

We'll launch a space balloon in Mojave.


Last launch

This project will be our second space balloon challenge in Mojave.

Last September, we launched a space balloon.

Here's how we did:

  • Prepared in a motel all night long


  • Left the hotel early in the morning


  • Arrived at the launch site


  • Set up avionics


  • Pumped up helium gas


  • Bound the mouth of space balloon


  • Measured helium volume


  • Attached the payload to the space balloon


  • The moment of release


  • Saw off the space balloon


  • Chased the space balloon's GPS by car


  • Swam in the mountain bush


  • Found the payload





Next Launch

In the last flight on Sep 2016, we launched the space balloon up to 17 km above sea level.

In the next flight on Mar 2017, we want to test telemetry systems at a height of 6 km.

The telemetry systems are for our spaceplanes.
We're developing a spaceplane that will fly in Mojave in 2018.
We want to get test data from the space balloon before the spaceplane flight.

We'll tie the space balloon with a fishing line.

The space balloon has a small computer called Arduino that will change electric resistance and heat a nichrome wire.

The nichrome wire will cut the line between the balloon and payload at a height of 6 km.


Team

We are an university startup company from Kyutech.

20 lab students, professors and business experts.


Schedule

We'll go for a trip to US from Mar 1 - 8.

Mar 1: Leaving Japan

Mar 2: Arriving El Paso, University of Texas at El Paso interface meeting

Mar 3: Preparation & Rehearsal of space balloon in Mojave

Mar 4: Space balloon launch in Mojave: 6:00 local time = Mar 4 23:00 Japan Standard Time

Mar 5: GSE expriment for spaceplanes

Mar 6: University of Southern California interface meetings

Mar 7: Leaving Los Angels

Mar 8: Arriving Japan


Budget

We'll spend your money on travel expenses and payloads.

We'll do the project even if we cannot fundraise by this crowdfunding site.

We really want your warm support, though.


Rewards

1. Thanks Mail
We'll write a thanks mail to you.

2. Photo/Movie data
We'll give you the photos and movies.

3. The right to watch live video streaming
We'll connect you by Facebook Live.

4. The right to participate in Mojave
We provide the right to participate in launching the space balloon.


5. The right to be the main sponsor of the project
You can become the main sponsor of the project.
We'll help you with press release exposure.


Risks
If we fail to recovery the payload, photo data, and movie data, please understand we cannot provide the rewards.

Contact
For those who will participate, please contact Irino at spacefund.webmaster@gmail.com.
We can arrange the meeting place and time in details.


Project Updates / Breaking News

Just arrived in Mojave, preparing the payload and parachute


Setting up a nichrome wire that will cut off the payload at a hight of 10km


Soldering the telemetry system

 
Loader
 
Loader
0円
目標金額合計 50,000円
0
人のサポーター
0
秒 で締切
締切:2017/04/26の23時59分59秒
Twitter 256 ツイート
Loader
募集期間
2017/02/25 - 2017/04/26 (60日)